環境活動

環境方針

環境方針

大鵬薬品は「大塚グループ環境方針」のもと、研究開発から生産、物流、販売、廃棄に至るすべての事業活動を対象に、
地球環境の保全と環境負荷の低減に積極的にかつ継続的に取り組みます。

活動指針

  1. 環境関連法規制や協定などを遵守します。
  2. 研究開発から廃棄に至るすべての段階で、環境に配慮した技術やシステムの継続的な向上を図ります。
  3. 省エネルギーを推進し、低炭素社会を目指します。
  4. 廃棄物の発生量抑制や再資源化の推進を行い、循環型社会を目指します。
  5. 私たちにさまざまな恵みをもたらす生物多様性に配慮します。
  6. 企業市民の立場からコミュニケーションを図り、社会貢献活動に積極的に取り組みます。
  7. 環境への影響が懸念される緊急事故・非常事態に備え、危機管理をより強化します。
  8. 従業員の教育・啓発に努め、環境意識の向上を図ります。

環境負荷の低減に向けて

2017年のCO2排出量削減の取り組みとして、ボイラー燃料をA重油から天然ガスに転換したことにより、ボイラーからの排出量を約25%削減することができました。
また、2018年からは、ISO14001 2004年版を2015年版に規格変更しました。利害関係者の見直しやリスク・機会の抽出により、環境改善への取り組みの範囲を広くしたため、2018年の環境目標は、取引企業へのEHS 監査の導入や運送業務委託先企業のトラックからのCO2削減など、今までにはなかった取り組みにまで及んでいます。
私たちは、自社製品のライフサイクルを見据え、環境に優しく、かつ患者さんにも安心してお使いいただける医薬品の供給ができるように、製品開発の段階から考慮しています。これからもISO14001認証取得企業として、自然環境保護に配慮した企業活動を行っていきます。

岡山大鵬のINPUT/OUTPUTデータ

INPUT 投入2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度
電気(千kWh)1,5011,4051,3681,5951,521
A重油(kL)110100100114
都市ガス(千m3104
水(千m31110101110
OUTPUT 排出2013年度2014年度2015年度2016年度2017年度
CO2(t-CO21,3091,2681,2451,4311,284
排水量(千m31110101110
廃棄物排出量(t)256224239291357
リサイクル量(t)256223238291357
最終処分量(t)00000

ビオトープの設置

「チオビタ®・ドリンク」100 mLの製造工程では洗浄水(製氷水)と冷却水(水道水と同等以上の水質)が1日に約100トン使用されています。それらは純度が高すぎて自然界に放出するのは好ましくないため、従来は下水処理を行っていました。この水を環境に悪影響を与えることなく再利用できないかと考えた結果、2011年にビオトープを設置しました。これにより、自然を再現した人工水路に水を流し、生物が住みやすい状態にまで水を変え、海に放出することが可能になりました。苦労した点もありましたが、今では、キンギョ、メダカ、コイなど、さまざまな生物や植物が繁殖するようになりました。
このビオトープは、地元のみなさまに賛成いただいたうえで設置されました。
また、地元の一般消費者を対象に、ビオトープとチオビタ工場(第三工場)の見学会も行っています。この試みが、瀬戸内海の豊かな自然を知っていただく機会となり、地域の美しい自然環境を再生する活動につながっていくことを私たちは願っています。