企業情報

企業理念

私たちは人びとの健康を高め
満ち足りた笑顔あふれる
社会づくりに貢献します。

岡山大鵬薬品株式会社は、めまぐるしく変化する21世紀のなか、「私たちは人びとの健康を高め 満ち足りた笑顔あふれる 社会づくりに貢献します。」の企業理念のもと、社会に貢献する活力のある企業を目指し、創造性とチャレンジ精神で未来を先取りし、積極的に行動します。

岡山大鵬の事業領域

ごあいさつ

岡山大鵬薬品は、昔からよく知られている、サリチル酸メチルを有効成分とする水性タイプのパップ剤の製造・販売で、国内トップクラスのシェアを誇ってきました。それゆえに外用剤を得意とする製薬メーカーとして知られているかと思います。岡山大鵬薬品の前身を含めると実に70年以上にわたってパップ剤やステロイド剤などの外用剤を提供し続けてきました。
一方、2017年からは新たなコア事業として、オンコロジー(腫瘍学)領域を主体とするオーソライズドジェネリック(AG)事業に参入いたしました。現在、当社親会社であり、経口抗がん剤のパイオニアである、大鵬薬品工業株式会社の許諾を受けて、同社製品のAGである還元型葉酸製剤、代謝拮抗剤の製造・販売を行っています。従来、外用剤をメインとする製薬メーカーがオンコロジー領域に取り組むことはあまりありませんでした。しかし、私たちはあえてそこに踏み込みました。AGを通して、医師への情報提供や副作用情報の収集を含め、先発品と同様に患者さんが安心して使える製品を、それも安定的に提供し続けることは社会貢献に他ならないと考えたからです。そうして実質的に日本初となるオンコロジー領域のAGを世に出すことができました。同事業に圧倒的な専門性と品質が求められることは言うまでもありませんが、効率性を重視しながらそれを実現できたことは、挑戦し続ける企業としての誇りであると自負しています。
さらに、2020年からは大鵬薬品の主力商品のひとつ「チオビタ®・ドリンク」をはじめとする、100mLのドリンク剤を当社で製造することとなりました。これも私たちが製薬メーカーとして培ってきた高い品質力と効率的な生産能力がみなさまに認められ、信頼されたから実現したことだと思っております。
数十年にわたり外用剤を専門としてきた私たちには、そのDNAがしっかりと刻み込まれています。私たちが得意とする外用剤と親会社が得意とするオンコロジー領域、これらをコンビネーションさせた製品の開発ができるのも私たちの大きなアドバンテージであると言えるでしょう。
今、私たちは、私たちにしかできないユニークなビジネスモデルの開発に続々と着手しています。私たちに新薬を提供することは難しいかもしれません。しかし、既に世の中にあるものの視点を変えてリポジショニングすることや、未だ知られていない価値を新たにリディスカバリーして人びとの健康に貢献することはできます。そして、そのようなチャレンジこそは、私たちがもっとも強みとしているところなのです。 それが当社そして大鵬グループの企業理念にある、人びとの「満ち足りた笑顔」につながればという思いで、私たちは新たな可能性に挑戦し続けていきます。

代表取締役社長 
Minenobu Katayama

会社概要

商号岡山大鵬薬品株式会社
事業所
(本社・工場)
〒705-8555
岡山県備前市久々井字沖1775-1
TEL 0869-64-1111(代表) FAX 0869-64-1130
代表者代表取締役社長 片山 峰伸(かたやま みねのぶ)
創立昭和18年(1943年)8月26日
設立平成4年(1992年)8月1日
資本金5,000万円
事業内容医薬品、医薬部外品、医療機器、雑貨等の研究開発及び製造販売
会社工場第一工場、第二工場、第三工場
従業員数172名(2020年7月1日現在)
※出向者・派遣社員除く

沿革

1943年8月

岡山大鵬薬品の前身となる心泉医薬株式会社、
東京都新宿区に創立

1963年6月

大鵬薬品工業株式会社、設立

1971年5月

大鵬薬品工業株式会社より「ネオパス」発売開始

1975年6月

本社及び工場を東京都青梅市に移転

1984年4月

本社及び工場を岡山県備前市(現所在地)に移転

1990年9月

大鵬薬品工業株式会社が心泉医薬株式会社の全株式を取得、完全子会社化

1991年9月

「メサデルム®軟膏」「メサデルム®クリーム」
製造開始

1992年8月

商号を、岡山大鵬薬品株式会社に改称

1994年5月

「メサデルム®ローション」製造開始

1996年7月

MS冷シップ「タイホウ」、MS温シップ「タイホウ」 製造開始

1999年9月

本社にOTC医薬品専用工場完成

1999年10月

「ザハップ®」製造開始

2000年7月

「スポーツマン-シップ®クール」製造開始
(販売元:ニチバン株式会社)

2001年9月

「ロイヒ温シップTM」発売
(販売元:ニチバン株式会社)

2005年4月

改正薬事法施行、製造販売業を選択

2006年3月

第一種医薬品製造販売業許可取得

2006年5月

「フェルナビオン®パップ」製造開始

2006年11月

ISO14001取得

2006年12月

粘着シート離型紙構造特許取得

2009年1月

大塚ホールディングス発足、連結子会社化

2012年9月

「ロイヒ温シップTMフェルビナク」発売
(販売元:ニチバン株式会社)

2012年10月

「メサデルム®」(クリーム、ローション)リニューアル

2013年6月

ロキソプロフェンナトリウムテープ「タイホウ」発売
(販売元:大鵬薬品工業株式会社)

2017年1月

大鵬薬品の還元型葉酸製剤「ユーゼル®」のAG、ホリナート錠「タイホウ」発売

2017年2月

「ピュアクイックS軟膏」発売
(販売元:大鵬薬品工業株式会社)

2017年6月

大鵬薬品の代謝拮抗剤「ティーエスワン®」のAG「エスワンタイホウ®配合OD錠」発売

2018年9月

「ロイヒTMクリームフェルビ」発売
(販売元:ニチバン株式会社)

2019年12月

「フェルナビオン®パップ」の販売名を「フェルビナクパップ70mg「タイホウ」」へと一般的名称に変更

2020年1月

チオビタ®ドリンク(100mL)シリーズ製造受託開始(販売元:大鵬薬品工業株式会社)

組織図

(2020年7月1日現在)

アクセス

JR赤穂線伊部(いんべ)駅下車タクシーご利用の場合
距離:約8km 時間:約10分
山陽自動車道 和気(わけ)ICよりお車ご利用の場合
距離:約13km 時間:約20分
岡山方面よりお車ご利用の場合
ブルーラインを利用し鶴海(つるみ)ICで下車。
距離:約7km 時間:約10分

決算公告

令和元年12月期
第29期決算公告
平成30年12月期
第28期決算公告
平成29年12月期
第27期決算公告
平成28年12月期
第26期決算公告
平成27年12月期
第25期決算公告
平成26年12月期
第24期決算公告

安全衛生方針

岡山大鵬薬品株式会社 安全衛生方針 私たちは人びとの健康を高め満ち足りた笑顔あふれる社会づくりに貢献するため、社員一人一人も「安全」の確保と向上に努めます。

活動指針

  1. 安全衛生関係法令及び社内基準を遵守し、より一層の安全衛生管理に努めます。
  2. 職場の危険有害要因の明確化と対策の優先度を定めるリスクアセスメントを実施し、“災害ゼロ”から“危険ゼロ”の安全で快適な職場づくりを推進します。
  3. 過重労働及びメンタルヘルスによる健康障害を防止するため衛生管理体制の充実を図り、社員の健康確保対策を推進します。
  4. 全社員とのコミュニケーションを図り、全員参加の安全衛生活動を実行していきます。
  5. 社員教育及び社内広報活動を通じて、安全衛生意識の高揚に勤めます。
  6. 安全衛生活動の実効に当たっては、適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施します。

関連会社

  • 大塚ホールディングス大塚ホールディングス
  • 大塚製薬
  • 大鵬薬品工業
  • 大塚化学
  • 大塚メディカルデバイス
  • 大塚製薬工場
  • 大塚倉庫
  • 大塚食品
  • 2018年12月末現在

岡山大鵬薬品は、
大鵬薬品工業の子会社です。